日本でのオンラインスポーツベッティング

この記事では、日本からオンラインで賭けをする合法性と方法について説明します。 注目に値するのは、英国で営業許可を受けている評判の高いほとんどのブックメーカーが、日本のパンターにやさしい銀行取引方法を提供し、さらに日本円(JPY)で賭けの口座を提供していることです。

まずは、日本で最高のベッティングサイトを紹介します。 銀行のオプション、オッズ形式、および合法性についても理解したい場合は、下にスクロールして、この記事で後述する追加資料の一部を読むことができます。

日本から入金して支払いを受ける方法

日本からオンラインで賭けをするのが初めての人が尋ねる最も一般的な質問は、どのように入金して支払いを受けることができますか?重要な注意:日本の銀行が不審な取引をブロックしているため、オンラインの賭けサイトで日本のクレジットカードとデビットカードを使用する場合は、多くの場合拒否されます。これを回避するには、NETELLERなどの電子財布を使用することが重要です。

NETELLERアカウントは、www.neteller.comでオンラインで開くことができます。確認プロセスのある時点で、ローカルIDの缶を送付するよう求められます。これは、運転免許証、パスポート、またはその他の日本の写真付き身分証明書です。彼らはまた、あなたの名前で公共料金の請求書のコピーを求めたり、もしあなたが持っていなければ、あなたの住所を確認する銀行からの手紙を求めたりするかもしれません。

これらは標準的なリクエストであり、NETELLERは英国で電子マネープロバイダーとして認可された評判の良い会社であり、英国の金融サービス機構(FSA)によって規制されていることを知っています。あなたは彼らにこの情報を送ることを心配するべきではありません。

口座を開設して確認したら、現地の日本の銀行口座からの振込を使用してNETELLERに入金できます。日本銀行、HSBCジャパン、みずほ、三菱UFJ、SMFG、MUFG、アーバンバンキングコーポレーション、みなと銀行、ジャパンネットバンクなど、ほとんどすべての人気銀行がサポートされています。 NETELLERアカウントが資金提供されているため、賭けサイトに簡単に入金できます。日本にオンラインベットサービスを提供するほとんどすべての評判の良いウェブサイトは、NETELLERを受け入れます。レジに行き、NETELLERを選択して、入金の指示に従ってください。

重要な注意:アカウントを開くときは、通貨として日本円を選択するよう注意してください。通貨を選択すると、変更できません。

また、NETELLERアカウントに資金が提供されたら、NET +カードをリクエストする必要があります。これは、米ドル、ユーロ、または英ポンドの通貨で選択可能なプリペイドデビットカードです。これは、NETELLERから現金を引き出すときに便利です。賞金の支払いを希望する場合は、資金を提供したオンラインブックメーカーのキャッシャーにアクセスして、NETELLERからの引き出しをリクエストしてください。資金がNETELLERアカウントに入金されたら、それらを使用して他のギャンブルサイトに入金するか、NET +カードを使用して、ローカルATMでNETELLER残高の一部またはすべてを引き出すことができます。

NET +カードは円では使用できませんが、円での引き出しにはどのATMでも使用できます。また、このカードにはMasterCardのロゴが付いているため、MasterCardが受け入れられている場所であれば、円でも使用できます。 NET +カードを使用する場合、NETELLERは通貨の変換を行います。そのため、2.5%の合理的な料金が請求されます。これは、外貨で取引する際に地元の銀行が請求するものと競争力があります。

NETELLERは日本からの入金に最適な電子財布の1つですが、チェックアウトする価値のある他の2つは、同様のサービスを提供する2つの会社であるSkrillとEntroPayです。
日本ベッティングオッズ形式

日本には標準的なベッティングオッズ形式がありません。つまり、アメリカのオッズ、香港のオッズ、インドネシアのオッズなどはすべて合法的なオッズ形式ですが、「日本のオッズ」と呼ばれるオッズ形式はありません。固定オッズベットが初めてで、ベッティングオッズの仕組みを知りたい場合は、小数オッズに関する記事を読むことをお勧めします。これは、日本人を受け入れるすべてのオンラインブックメーカーでサポートされている人気のあるオッズ形式です。

日本ではオンラインベッティングは合法ですか?

日本のパチンコこの質問に対する答えは「技術的に」いいえです。しかし、パチンコとパチスロを提供している日本中のパーラーも技術的に違法であることに注意してください。リンクされた記事が明らかにしているように、日本政府は、これら2つのゲームが年間収益で29兆円を占めると推定しています。これらのクラブは、ゲーム施設から離れた場所にあるキャッシングステーションで引き換え可能なトークンで支払うことにより、法律を回避します。

日本で人気のある他の形式の違法ギャンブルの技術と同じように、オンラインベットの技術もあります。ここで抜け穴は、賭けウェブサイトが実際に日本に位置していないという事実に由来します。ログインして英国のブックメーカーを使用する場合、英国で認可、配置、規制されている会社に賭けています。日本政府には司法権がないため、外国企業が日本のプレイヤーに賭けの口座を提供するのを止めるためにできることはほとんどありません。ここからは政治と外交の問題です。日本は国際貿易のおかげで世界第3位の工業化された自由市場経済を持っています。 WTO紛争の可能性以外にも、法的観点からオンラインベットを追求することが国にとって最大の利益にならない多くの追加の理由があります。結局のところ、そうです。はい、違法です。私たちの知る限り、外国のオンラインブックメーカーのウェブサイトを使用したことで日本で逮捕されたプレーヤーはいません。当局が追求する関心がほとんどないか、まったくないように見える灰色の領域です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

カジノレビュー
3.8 rating
初回入金で負けても最高$470(50%)キャッシュバック
3.5 rating
20万円のウェルカムパッケージをゲット
4.8 rating
合計で最大17万円の入金ボーナス
3.8 rating
$999ウェルカムボーナス + 250 回 フリースピン
4.8 rating
無料で最大15,000円、100%のウェルカムボーナス(初回入金ボーナス)
オンラインカジノ 詐欺.
© Copyright 2020 オンラインカジノ 詐欺.